フルオペとセミオペの違い

自販機を設置した後は、商品の補充やつり銭・売上金の確認、空き容器の回収などの定期的な管理が必要です。 管理体制は、業者が全て行うフルオペレーションと、オーナー自身が行うセミオペレーションの2種類がございます。

フルオペレーション

フルオペレーションは、全ての管理を業者が行います。 自販機は無料で設置可能で、季節に合わせた新商品を入れたり、従来品の状態をチェックし、適切に補充します。 売上金の回収、つり銭の補充も同時に行い、後日売上状況をオーナー様に報告します。

また、自販機の清掃・空き容器の回収、トラブル時の早急な対応なども業者負担です。 オーナーの負担となるのは、設置場所と電気代のみです。 手数料に関しては、マージンという形で売上の15~25%を業者から支払われ、「マージン-電気代=手取り」となります。

セミオペレーション

セミオペレーションは、自販機の管理を全て所有者が行います。 自販機をリースまたは購入で設置するため、初期費用がかかるほか、商品の補充もオーナー自身が行います。 トラブルが起きた際は、オーナー自身で解決しなければなりません。

売り上げた金額は全てオーナーの手元に残り、「売上金-商品の仕入れ-電気代=手取り」となるので、フルオペレーションよりも高い収益性があります。

弊社からご紹介させていただく設置業者は、全てフルオペレーション対応です。 煩わしい作業は全て業者が行いますので、ご負担いただくのは設置場所と電気代のみです。 自販機の設置も無料のため、初期費用はかかりません。

自販機の設置をお考えでしたら、是非この機会にお問い合わせください。

自販機設置無料問合せ

トップへ
戻る